アパート経営 マンション経営 プランを比較

アパート経営はサラリーマンの副業にぴったり!

アパート・マンション経営はサラリーマンにぴったり

会社にいれば定年まで安泰」という時代はとっくに終わりました 。

 

終身雇用という社会制度が崩れた今、果たして定年まで勤められるでしょうか?

 

ですから、これからの時代は、いつリストラにあっても生活を維持できるように準備をする必要があるのです。

 

そのような事態になる前に、少しずつでもアパートやマンション経営を始めておくことをオススメします。 なぜなら、アパート経営はサラリーマンの副業にぴったりだからです。

 

転勤により自分が今まで住んでいたマンションを人に貸して、家賃収入を得ている サラリーマンも多く、仮に会社に知られても、たいがいの場合、問題ないと考えます。

 

また、サラリーマンがアパート経営すると、所得税が返ってくるというメリットもあります。 特に収入の多い方ほど戻ってくる金額も多くなります。

 

アパート経営はゆとりをもって生きる選択肢の一つ

知り合いでも、サラリーマンをしながら、アパート経営をし、管理は不動産屋まかせで、 本業のサラリーマンに専念している人もいます。

 

今からの時代、ゆとりを持って生きていくための選択肢の一つとして、アパート経営を 入れてみてはどうでしょうか。

 

アパート経営には何も資格は要らない!

アパート経営には資格はいらない

自分で土地を売買するのには、もちろん資格などいりません。 また、自分のアパートを持ち、自分で管理して、自分が入居者に賃貸するのにも資格は要りません。

 

ただし、頻繁に土地を売買するとなると宅地建物取引業免許税が必要になります。

 

また、自分のアパートに入居者を募集するために、新聞のちらしや広告を打つことがありますが、 これらの広告も資格、免許など入りません。

 

しかし、たいがいの場合、不動産屋にまかせてしまい、 不動産屋が入居者募集するのがほとんどでしょう。

 

自分で、宅建(宅地建物取引業)の資格を勉強することは、不動産に関係した知識が身に付き、 とても良いことです。

 

全てを不動産屋まかせ、他人まかせにするのではなく、自分で積極的に アパート経営に参加するのだという心意気が成功の第一歩なのです。

 

スポンサードリンク

 

土地だけ持っていても利殖にならない時代。

バブル崩壊以前は、土地を所有しているだけで値上がりし、転勤などで住んでいた自宅を 売ることになった場合でも、土地の値上がりの恩恵にあずかれました。

 

バブルが崩壊して 土地神話が崩れ始めた後は、土地を所有しているだけでは、固定資産税などがかかるだけで 重荷になってしまいます。

 

空いている土地にアパートを建て建物で稼ぐ

空いている土地にアパートを建て建物で稼ぐ

土地だけ貸して収益を上げるという方法もありますが、利回りは低く、収益性は建物を 建てた場合に比べると劣ります。

 

その場合、投資額はゼロもしくは少なくて済みますが、 せいぜい所有する維持費くらいしか収益は上がりません。

 

よほど、面積の大きい土地でない限り、借地代のみで生活できることはないのです。 これは駐車場として経営する場合も同じです。

 

借地で企業に貸す場合

借地で企業に貸していた場合、その会社が倒産したときにややこしい事態になります。

 

まず、地代がストップし、賃料が入らないのに土地の固定資産税を払わなければなりません。次に建物の所有者自身が解体撤去してくれればいいのですが、倒産はある日突然です。

 

建物を無償で譲り渡す契約になっていればよいのですが、その場合でも贈与税がかかってきます。

 

アパート経営が長期的にみて収益が安定している

 

アパート経営の場合、土地も建物も自分のものですから、そういった心配はありません。

 

アパート以外にも立地条件がよければ、商業ビル(貸事務所)などがありますが、 長期的にみると、アパート経営が一番、収益性が安定してリスクが少ないのです。

 

アパート経営の基礎知識

利回りの計算

利回り(%)=年間家賃収入÷投資金額(土地+建築費)×100

 

【例】
年間家賃100万円、投資額1000万円だとすると、 100万円÷1000万円×100=10(%) これで利回り10%になります。

 

家賃収入と手取りの家賃収入

家賃収入はそのまま収益になるわけではありません。家賃には経費が含まれているのです。 例えば、ローン、固定資産税、火災保険料などです。

 

手取り家賃収益=家賃収入−(ローン+固定資産税+火災保険料等)

 

アパート経営の手順

  1. 物件の下見・調査
  2. 建物の設計・間取りの決定
  3. 家賃の決定
  4. 建築費の見積り・及びシュミレーションなどの試算表の作成
  5. 金融機関との融資交渉

 

スポンサードリンク


土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク