土地購入 アパート マンション 採算

土地情報の集め方

インターネットで土地相場を調べる

まず、自分の住んでいる場所の市内の不動産屋のホームページを見るのです。検索窓に「○○市 不動産」と入力すれば、たくさん不動産業者のホームページが出てくると思います。

 

 

それらを見ていると、だんだん、その地区の不動産相場がわかってきます。これが重要です。もし、気になる物件があったら問い合わせのメールを送るとすぐ応答してくれます。

 

新聞の折り込みチラシを見る

新聞の折込チラシには必ずといっていいほど、不動産屋のチラシが入っています。いまどき、不動産屋でホームページもないような所は少ないとは思いますが、それでもインターネットの更新をマメにしていないところもあるので、折込チラシをチェックするのは必要です。

 

なんといっても折り込みチラシは、一覧で一目でみられるというところがメリットです。最新情報が得られることもありますよ。

 

売り土地の看板を探す

原始的な方法のように思うかも知れませんが、実際、現地を歩いてみるのは必要です。不動産屋はよく捨て看などの広告をよく出しています。

 

もし、売り土地の看板をみつけたら、その不動産業者の電話番号をメモしておきましょう。

 

不動産屋を回る

売り土地の看板を探すだけでなく、不動産屋を回ってみましょう。広告に出ない土地もあるのです。良さそうな業者だったら、「土地を探していますので、何か良い物件があったら教えてください」と言っておけば、条件にあった物件がみつかったら、メールやFaxで連絡してくれます。

 

住宅メーカーの営業マンに探しもらう

住宅メーカーには、アパートやマンションを専門としている営業マンがいるもので、知り合いに居なければ、近くの営業所に直接いって見て、担当者にアパート用地を探してくれるように頼みましょう。

 

メーカーによってはアパート建設用地を持っている場合もありますので、行ってみる価値はあります。ただ、土地の情報量は不動産業者に劣りますし、無理に押し付けるような態度をする場合は軽く受け流しましょう。

 

地元の人から情報を得る

その土地に住んでいる人は案外、近くの土地情報を持っているものです。「あの土地売るらしいよ」とかです。もし、良い情報なら、不動産屋か住宅メーカーの人に価格交渉に当たってもらうことです。

 

土地の交渉はプロに任せたほうが無難です。後々、トラブルになっても仕方がないです。

 

不動産業者に任せた場合、確かに手数料をとられます。売買金額の3%くらいですが、売買金額が大きいため、3%といってもかなりの金額です。しかし、それを惜しんで、トラブルになったら、そのときにもっとお金も時間もかかります。

スポンサードリンク

 

アパート・マンションを建築する土地の上手な探し方関連ページ

立地条件が良い土地
土地を購入してアパートやマンションを建てるなら、なんといっても立地条件の良い場所を選ばなければなりません。立地条件が良い物件なら長期安定が見込めるのです。
土地探しの法律知識
アパートやマンションを建築するための土地探しで必要になる法律知識です。アパートを建てられる土地や区域、建てられない区域が決まっているのです。
土地探しのポイント
土地を購入してアパートやマンションを建てるために、土地を探す際、ポイントなる事項があります。土地探しをする場合は、必ず抑えましょう。
メーカーを選ぶポイント
アパートを建築する際に住宅メーカーを選ばなければなりません。メーカーによって色々特色がありますし、地元工務店も捨てきれません。それでは選ぶポイントはあるのでしょうか
住宅メーカーによる特色
アパートを建築する住宅メーカーにも色々特色があります。メーカーそれぞれに違う構造やデザインの特徴があるのです。数あるメーカーの中でどの会社を選ぶかを考えなくてはなりません。
利回りと試算表を計算
アパート経営に関して、まず利回り計算をしてみることです。確かに入居率などわかりませんが、表面利回りで大体でも儲かるのかの目安をつかみましょう。また手取り額の試算表を作ってみるとわかりやすいです。
融資の取り付け
土地を購入してアパートやマンションを建築する際に、住宅メーカーを決めたら融資を取り付ける必要があります。即金で払えるだけの資金を持っていても融資を依頼する人はいるものです。1度融資を取り付けられたら2棟めから楽になります。

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク