アパート建築のための住宅メーカーを選ぶポイント

アパート建築の住宅メーカー選択のポイント

住宅メーカーが自宅から近い

住宅メーカーが自宅から近いところを探す

住宅でもアパートでもそうですが、建物を建築するまでは、何度もあって打ち合わせをする必要があります。

 

また、どんなに遠くても住宅メーカーが家まで来てくれるのはいいですが、こちらかも出向いて、事務所の様子など見てみるというのも必要です。ですから、電車でも車でも手軽に行ける範囲に営業所があるというのが条件の一つになると思います。

 

建物の構造で住宅メーカーを探す

一つのメーカーでも、建物の構造で価格帯に幅があります。構造にも「木造」「軽量鉄骨」「重量鉄骨」「コンクリート造り」とあります。どの構造も、メリット・デメリットがあります。最終的にはあなたの好みと価格帯が合うかどうかになります。

 

構造体が決まったら、その構造の建物を得手としている住宅メーカーや建築会社に依頼したほうがいいです。ホームページなどをみて、その構造体の商品がたくさん出ているかを確認しましょう。営業マンに聞いても、不得手だとはいいません。基本的に何でも出来ますというのが営業マンですから。不得手の会社に依頼すると、下請けの会社に丸投げしたり、話が通ってなかったということになりかねません。

 

間取りは単身者タイプに

間取りには、単身者用はワンルーム・1K・1DK、少し広めな1LDKとあり、小家族なら、2DK・2LDK、ファミリータイプなら3DK・3LDKといったタイプの間取りがあります。

 

しかし、一般的にファミリータイプは、単身者用のアパートに比べて、部屋数がとれないため、採算がとりずらいのです。1度、ファミリータイプと単身者用タイプと利回りを計算してみてください。

 

特に、最初のうちは、利回りのよいアパートやマンションを建てて採算がとれるようになりたいものです。

 

数社の住宅メーカーや工務店から見積もりをとる

自宅を建てる際にも、数社といわず、10社も見積もりを取る人がいるほどです。アパート建築も同じで数社から見積もりをとることは必要です。最初は、「この金額って妥当?」と思っても、何社か見るうちにだんだん見積もりの見方もわかってきます。

スポンサードリンク

 

アパート建築のための住宅メーカーを選ぶポイント関連ページ

立地条件が良い土地
土地を購入してアパートやマンションを建てるなら、なんといっても立地条件の良い場所を選ばなければなりません。立地条件が良い物件なら長期安定が見込めるのです。
土地の上手な探し方
アパート・マンションを建築する土地を探すには色々方法があります。インターネットなどは手軽ですが、なかなか掘り出し物が出ても、すぐ決まってしまうか人目に触れる場所にはあまりでてきません。
土地探しの法律知識
アパートやマンションを建築するための土地探しで必要になる法律知識です。アパートを建てられる土地や区域、建てられない区域が決まっているのです。
土地探しのポイント
土地を購入してアパートやマンションを建てるために、土地を探す際、ポイントなる事項があります。土地探しをする場合は、必ず抑えましょう。
住宅メーカーによる特色
アパートを建築する住宅メーカーにも色々特色があります。メーカーそれぞれに違う構造やデザインの特徴があるのです。数あるメーカーの中でどの会社を選ぶかを考えなくてはなりません。
利回りと試算表を計算
アパート経営に関して、まず利回り計算をしてみることです。確かに入居率などわかりませんが、表面利回りで大体でも儲かるのかの目安をつかみましょう。また手取り額の試算表を作ってみるとわかりやすいです。
融資の取り付け
土地を購入してアパートやマンションを建築する際に、住宅メーカーを決めたら融資を取り付ける必要があります。即金で払えるだけの資金を持っていても融資を依頼する人はいるものです。1度融資を取り付けられたら2棟めから楽になります。

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク