サラリーマンでも儲かるアパート・マンションのタイプ

儲かるアパートの間取り記事一覧

アパート経営は1Kの間取りタイプが一番儲かる

一時期、都心では投資用マンションがもてはやされていました。その投資用マンションがほとんどワンルームや1Kタイプでした。それは、投資家にとって、ファミリータイプの2LDKや3LDKより利回りがよいからです。ワンルームマンションと1Kタイプとの違いワンルームは、キッチンと居間が同じ部屋になっていることを...

≫続きを読む

 

アパートの間取りで2DKと1Kで入居者のニーズを拾う

2DKは居間(部屋)が2つとダイニングキッチンがあることです。また、似たような間取りで、1LDKの1部屋とリビングダイニングキッチンがついた間取りもあります。リビングダイニングキッチンは通常12畳くらいの部屋の広さなので、生活するにもゆとりを感じます。アパート1棟の中に、1Kタイプと1LDKタイプの...

≫続きを読む

 

投資用ワンルームマンションは儲かるのか?

よく新聞広告に、都心の駅近くの投資用新築ワンルームマンションの広告が掲載されています。立地としても駅近くでよいですネ。さらに、30年〜35年のローンを組めて家賃保証もされています。この投資用ワンルームマンションというのは、たいがい、1戸で購入します。しかし、これは有利な投資でしょうか。家賃保証家賃保...

≫続きを読む

 

自宅併用・店舗併用アパートを建築するメリット・デメリット

よく都心では階上をアパートにしたりしているのを見かけます。自宅はローンの人も多いでしょう。メリットローンをしているなら、家賃でローンを支払える。空室が出ても、あわてなくてもいい。デメリットそばに大家が住んでいるなら直接クレームを言われることがある。大家が住んでいる自宅併用アパートに住んでいました。女...

≫続きを読む

 

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク