自宅併用・店舗併用アパートを建築するメリット・デメリット

自宅併用アパートのメリット・デメリット

自宅併用アパートのメリット・デメリット

よく都心では階上をアパートにしたりしているのを見かけます。自宅はローンの人も多いでしょう。

メリット

  • ローンをしているなら、家賃でローンを支払える。
  • 空室が出ても、あわてなくてもいい。

デメリット

  • そばに大家が住んでいるなら直接クレームを言われることがある。

 

大家が住んでいる自宅併用アパートに住んでいました。

 

女性の単身暮らしなら大家が同じ建物に住んでいるのは安心なものです。
3回、自宅併用アパートに住みました。
確かに安心なのですが、まじめに夜は早めに部屋に戻るという生活でないと迷惑をかけることになります。
4回目は普通のマンションに移ったのですが、なぜか自由を感じました。


店舗併用アパートのメリット・デメリット

店舗併用アパートのメリット・デメリット

沿線沿いに多く見られますが、1階は店舗で2階はアパートになってる物件をみかけます。沿線上で掘り出し物の土地をみつけたなら、店舗併用アパートも儲かります。

 

メリット

店舗の場合、浴室などの設備が必要なく、間仕切りも入居する店舗がするので必要ありません。同じ面積でも住居に比べると建築費が安く上がるのです。その割に住居よりも高い家賃になります。

 

2階のアパートには店舗の従業員が入居することが多く、入居率がひじょうにいいのです。

 

デメリット

店舗の場合、一度退去してしまうと、なかなか次が決まらないことが多いのです。ただ、2階のアパートは店舗関係者が入居していれば、退去してしまいますが、それでも全部というわけではないので、リスクが少ないともいえます。

スポンサードリンク

 

自宅併用・店舗併用アパートを建築するメリット・デメリット関連ページ

一番儲かる1Kの間取り
アパート経営するうえで、一番儲かりやすい間取りのタイプというものがあります。もちろん、その場所の環境も関係ありますが、1Kタイプの間取りが一番儲かりやすいのです。
2DKは用途が広い
アパートの間取りで一番用途が広いのは2DKです。2DKはリッチな単身者、夫婦二人住まいなど入居者の幅が広いのが特徴です。家賃は当然、1Kより高くなります。
投資用ワンルームマンション
よく新聞などの折り込みチラシに投資用ワンルームマンションが掲載されていたりします。立地が良い場所が多く、ローンも組めて家賃保証もされています。本当に儲かるのでしょうか。

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク