不動産屋に支払う管理料の相場

不動産屋に管理業務委託した場合の管理料

不動産屋に管理業務委託した場合の管理料

サラリーマンがアパート経営する場合にはなおのこと、個人的には、自宅の近場のアパートを持っていても、自分が仕事をしてなくても、不動産屋は通したほうがいいと思うのです。

 

必ず、トラブルがあります。そのとき、プロに相談する人がいないというのは、本当に困るものです。

 

管理料は家賃の5%が相場

不動産屋への管理料は家賃の5%が相場ですが、どこまでの管理をしてくれるかは不動産屋によってまちまちです。

 

管理契約

管理契約は、通常、不動産屋と大家とで交わすものですが、次の業務が一般的です。

  • 入居者の募集
  • 入居者の選定
  • 賃貸契約の代行
  • クレーム処理
  • 家賃滞納時の請求
  • 退去時の立会い
  • 敷金清算

以上の事柄が含まれていますが、他には以下のものなどがあります。

  • 外廊下の掃除
  • 共用電灯が切れた場合の処理
  • 駐車場の草刈
  • 家賃の入金管理

 

全ておまかせの不動産屋も増えてきた

アパート管理全ておまかせの不動産屋も増えてきた

アパートが自宅から離れている場合には、信頼できる不動産屋に、できるだけ全てまかせたほうが手薄にならずに済みます。

 

たとえば、「家賃の入金管理」ですが、自分のところに家賃が振り込まれてくるタイプにしてしまうと、戸別に入金管理をする必要があります。多くなると、1戸1戸名前を付き合わせていくのは面倒な業務です。それを怠ると、1件だけ、ずっと滞納を続けていたのがわからない場合もあるのです。

 

家賃の入金管理を不動産屋に委託すると、経費や管理料を差し引かれて振り込まれてきます。大家としては、毎月送られてくる計算書をチェックするだけで済みます。

 

最近では、地方でも全ておまかせの不動産屋も増えてきて、サラリーマンがアパート経営するには、良い時代になったといえます。


スポンサードリンク

 

アパート管理で不動産屋に支払う管理料の相場関連ページ

良い不動産屋の探し方
アパート経営を成功させるには良い不動産屋をみつけることも一つの要因です。それでは良い不動産屋とはどのようなところをいうのでしょうか。そして知り合いが居ない場合、どうやって探せばよいのでしょうか。

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク