アパート管理ではクレーム処理はスピードが大切

入居者からのクレームは不動産業者へ

入居者からのクレームは不動産業者へ任せたほうがいい

大家が自分でクレーム対応できる場合にはいいですが、それでも、毎回すぐ対応するというのは無理があります。特にサラリーマンがアパート経営する場合は不動産業者に任せたほうがいいです。

 

クレーム対応のトップは水漏れ

入居者の一番多いクレームは水漏れです。特に古いアパートでは頻繁におき、トイレの水が止まらないとかです。それも、素早く対応しなければ、水道料に反映します。そこで、古いアパートでは24時間対応の水道業者と提携したりしています。

 

また、階上から水が漏れてくるといったクレームでは、それにより入居者の家財が濡れてしまっては賠償問題になります。そういったクレームにも不動産業者との管理契約で決めておかないといけません。

 

鍵の紛失

次に多いのが鍵の紛失、「鍵をなくして部屋へ入れない」といった電話ですが、夜中に電話が来る場合もあり、大家がやっていてはいられません。

 

鍵の紛失経験あります。誰でもあるかも知れませんね。

 

入居してすぐ、鍵を落としてしまい、部屋に入れなくなりました。夜中ではなかったのですが、たまたま、不動産屋に合鍵がなく、大家が階下に住むアパートだったため、大家に言いに行くと、大家も持っていなかったということで、大家の奥さんとだんなさんが大喧嘩を始めてしまいました。その間、ずっと玄関の外で待っていました。

 

実に多いトラブルなのです。

 

浄化槽の場合

合併浄化槽の管理は大家持ち

アパートを建てる場所に下水整備されていない場合、の設置が必要です。今では水洗トイレが常識なので、汲み取りというわけにはいきません。

 

以前は、安価な浄化槽ですみましたが、現在では台所、浴室などの排水は全て浄化するような合併浄化槽でなければなりません。合併浄化槽は価格も高く、維持管理費用や浄化槽から汲み取りも行わなければならず経費もかかります。できれば、アパートを建てる場所は、下水が整備されている土地のほうがいいのです。

 

ちなみに、途中から下水になる場合、まず市町村に坪当たりいくらという金額を提示されて、その金額を支払うというと土地まで下水管を引いてくれます。アパートですから坪数にもよりますが、けっこうな額になります。これは「やらない」と拒否もできますし、市から資金を借り入れることもできます。その金額を支払ったら、次に下水管を新設した下水管に流すための工事は水道業者に依頼します。ここでは、20万〜30万ほどかかります。

 

大家さんの立場でいうと、下水になったほうが、上下水道料金として入居者が支払うので、浄化槽の管理がいらなくなり、その分経費も浮くことになるので、やったほうがいいのです。


スポンサードリンク

 

アパート管理ではクレーム処理はスピードが大切関連ページ

賃貸借契約の結び方
アパートを経営するうえで、知っておかなければいけないというほどでもありませんが、一応、賃貸借契約については理解しておいたほうが、後々、困ったことになるのを防ぎます。
家賃滞納を処理するコツ
アパート経営をしていると、家賃を支払えなくなる、もしくは始めから払わないという人がいるものです。そのために入居前、いろいろと印鑑証明とか収入証明書をださせるわけですが、大家としても本当に骨が折れます。

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク