家賃滞納を上手に処理するコツ

家賃滞納は早く対処すること

金融会社でも、貸付金の焦げ付きが数パーセントは出るのに似ているように、不動産会社がいくら厳しく入居前にチェックしても、家賃滞納は起きます。

不動産屋が入金管理もしている場合

家賃未入金の場合、翌月の初旬には通知

入居者が単に忘れている場合もあります。ただ、それでも支払わない場合は、毎月通知書を出しますが、敷金をオーバーして未納が続くと問題です。

 

内容証明を出す

6ヶ月くらい滞納してしまうと、さらに問題で、悪質と思える入居者には内容証明郵便で請求してみます。それでも支払わなければ、内容証明郵便で契約解除通知書を送ります

 

裁判による滞納家賃の請求や明け渡しの訴訟

最悪の場合ですが、裁判による滞納家賃の請求や明け渡しの訴訟を起こすことになります。現在では滞納家賃の請求でしたら、最寄の簡易裁判所で「小額訴訟」を起こすことができます。小額訴訟は即日判決が出る場合があります。

 

裁判による滞納家賃の請求や明け渡しの訴訟

ただ、不動産業者は訴訟代理権がないため、これらのことは、大家自身が本人で訴訟を起こすか、司法書士か弁護士に依頼することになります。小額訴訟なら簡単な手続きで済みますので、簡易裁判所に相談しながら進めることができます。自分でやるのが抵抗があるとか、サラリーマンは自由に時間がとれないので、その場合は司法書士でも代行できます。

 

小額訴訟は司法書士でも代理可能

司法書士なら弁護士より割安な金額で依頼できますが、金額に制限があります。ただし、司法書士のなかでも「簡易裁判所訴訟代理権」を有する司法書士に限ります。全ての司法書士がこの認定を受けているわけではありません。

 

家賃滞納する入居者

 

滞納は本当に頭を悩ませる問題で、以前、貸家を持っていたとき、短期貸しというのを自分でやっていました。短期貸しにしたのは、その後、家をどうするか決まっていなかったので、周りはみな古い建物だったので、とりあえず、一時的に住む場所を提供するということで、家も直さず、そのまま、貸すことにしました。当然、敷金も礼金もとりませんでしたし、身分を証明するものも提出を求めませんでした。

 

何件か入居した人はよかったのですが、4件目に入居した人が、どうにもなりませんでした。電話しても居留守、家に行ってみると電気がついていて家族がいます。もう考えていることが理解できないのです。

 

そこで、知り合いの弁護士に相談したところ、「立ち退きまで入れると100万くらいかかるよ」と言われ、思わずめまいがしました。いくら古いといっても一軒家で月4万円しかもらってないのに100万円?と思ったものです。その頃、司法書士に依頼するというのは頭になかったのです。結局、ようやく、追い出すことに成功しましたが本当に疲れました。

 

全て、不動産屋を通さなかったからと反省しました。あまりに腹が立ったので家はその後すぐ売りに出しました。

スポンサードリンク

 

家賃滞納を上手に処理するコツ関連ページ

賃貸借契約の結び方
アパートを経営するうえで、知っておかなければいけないというほどでもありませんが、一応、賃貸借契約については理解しておいたほうが、後々、困ったことになるのを防ぎます。
クレーム処理
アパート管理ではクレームがしばしば起こります。すばやく対応すると良いアパートと信頼を得ますが、素早くしないと入居者が不満がたまり、クレーム対応が悪いアパートなど悪い噂になってしまいます。

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク