ペット用アパートを経営 ペット設備

ペットと暮らせるアパート

ペットと暮らせるアパートの魅力

ペット暮らせる分譲マンションはとても増えました。しかし、賃貸ではなかなか制約が多いわりに、何もペット設備がないというのが現状です。特にマンションではなくアパートとなると、ペット用設備がついたアパートは本当に少ないのではないでしょうか。

 

アパートをペット可にするのは、大家さんからすれば、ペットの匂いが気になる人もいると思います。特に猫になると、柱を傷つけられたくないと思うでしょうし、犬の場合は隣室にペットを飼っていない人になると、うるさいというのも気になると思います。

 

ペット用のアパートにするなら、ペットが嫌いという人は入居を断るなど、割り切ってしまうというのも、トラブルにならずに良い方法です。

 

新築でペット用アパートを建築する場合

新築でペット用のアパートを建築する場合には、住宅メーカーで色々商品構成を取り揃えていますので、資料を取り寄せたり、営業マンを呼んで話をききましょう。

 

ペット用アパートに付加する機能の一例
  • ペットの匂い撃退
    自然換気口やセンサーファンをつければ、気になるペットの匂いも追放できます。
  • 浴室の配水管の毛詰まり
    浴室でペットを洗う場合を想定して配水管の毛詰まりを防止する装置
  • ペットのトイレスペースの確保
    トイレスペースには換気扇をつけると匂いがこもりません。
  • 玄関ドアにペットゲート
    ペットだけでなく小さい子供がいる場合にも重宝しますが、玄関前にゲートをつけて飛び出すのを防ぎます。
  • 部屋のドアにペット用のドア
    ドアを閉めていても、ペットが部屋を移動するたびに人間がドアを開けなくても移動できます。
  • 床材の考慮
    ペットの足にやさしい床材
  • 腰壁材の考慮
    猫が引っかいても傷が付かない材質を使うことによって部屋が傷つきません。
  • 足洗い場の設置
    屋外で共同で使うものでもいいですが犬用の足洗い場があったほうが便利です。
  • 内装で防音や防臭
    壁紙ではなく備長炭と珪藻土の塗り壁があります。防音・消臭機能もああります。

まったくお金をかけたくないと思う人には少し難しいですが、いくつかでもペット用設備がついたアパートがいいですよ。

 

古いアパートをペット用にする場合

アパートが古くなって、入居者も集まらなくなったから、ペット用にしてみようか」と気軽に、設備はそのままというのはいただけません。

 

確かにペット用アパートになると、ペットが飼えないアパートよりも割高です。それに、多少、立地条件が悪くても、ペットのためにと我慢する人もいます。しかし、最近ではペット可のアパートも徐々に増えています。

 

入居者は、古いアパートで立地も良くないし、家賃も安いというわけでもない、他にいいところがあったら、移り住もうと思います。ペット用アパートにするなら、何かペットのために設備を付け加えるようにしてください。

 

ペット用マンションに住んだときは、うちは犬が3匹です。特にペット用の設備があるというわけでもなかったですが、大家さんも家の中でゴールデンリトリバー2匹、ダックスフンド1匹を飼っていたのです。正直、あまり立地条件はよくなかったです。駅から徒歩30分ですから。

 

そして、お隣も犬を飼っていました。それが、犬をベランダに出しっぱなし、あまりお散歩にも行かないのか、ベランダに排泄をしていました。そのため、あまりの臭さにベランダに洗濯物を干すと匂いが付いてしまいました。

 

そこではお子さんが生まれたばかりで仕方がないのかも知れませんが、飼い主のモラルも必要ですね。大家さんに苦情を言ったことはありませんが、半年で出てしまいました。


スポンサードリンク

 

ペット用アパートを経営するならペット設備を入れたほうが良い関連ページ

セキュリティ付きアパート
マンションならセキュリティ付きというのがありますが、アパートではあまり見かけません。しかし、治安の悪化に伴って、対策が求めらるようになって注目されるようになってきました。
オール電化アパート
電気の問題は今や本当に考えなければいけない問題です。節電・節電と言われ、それでも計画停電におびえて暮らす日々です。ソーラーパネル付きのアパートがあったら、どれほどいいかと思います
高齢者用アパート
日本は今や高齢化時代に突入しています。65歳以上の人が国民の4分の1になる日もそう遠くないといわれています。高齢者用アパートはこれから需要が確実に伸びてくると思われます。

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク