高齢者用アパート 老人に優しいアパート造り

高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者向け賃貸住宅のアパート建設

全国の県や市町村の地方自治体の多くは、高齢者向け賃貸住宅の建設が多くなるよう、民間賃貸住宅の建設費の一部や、入居者の家賃の一部を補助するなど支援を行っています。

 

福祉に関心があり、アパートを建てるなら社会貢献もしたいという人は考えてみたらどうでしょうか。

 

これからの高齢者アパートの需要はますます増えてきます。大手住宅メーカーでも高齢者アパートの建築を商品化しているところもあるほどです。

 

高齢者向け賃貸住宅の建設の条件

  • バリヤフリー:段差のない床
  • 手すりの設置
  • 通路の幅:通路や出入り口に一定の幅の確保
  • 広いお風呂:介助が可能な広さのお風呂
  • 広いトイレ:車椅子が入れる幅の広さがあるトイレ
  • 緊急時の対応:医療機関へ緊急連絡が可能

 

痴呆性高齢者グループホーム

痴呆性高齢者は増加傾向にあります。痴呆性高齢者は日常生活は出来るものの、痴呆があるため、一人で火を使うなどの行為が心配な人です。厚生労働省の対策として「グループホーム」があります。

 

グループホーム

グループホームは少人数を単位として共同生活を送り、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフと一緒に行うことで、痴呆の進行を遅らせたりすることを目的にしています。

 

1ユニットでの入居数に制限があり、市町村によってユニット数にも制限がありますが、現在、枠が一杯でも行政機関では、たびたび見直しがあり、増加傾向にありますので、市町村や県に問い合わせてみてください。

 

大家さんのメリット

家賃管理費、食事代、要介護の人が入居した場合は介護料の収入があります。
自分で経営するのが大変だと思われる人には、介護関係の会社が一括借り上げして全て運営してくれるケースもあります。この場合は家賃を受け取るだけです。

 

デイサービス

デイサービスは要介護または要支援の老人が日帰りでデイサービスセンターに通い、食事や入浴等のサービスを提供するところで、健康状態の確認や機能回復訓練などのサービスを行うところです。

 

この場合は、日帰りなので家賃は入りませんが、1階にデイサービスセンターを作り、2階・3階には住居型有料老人ホームを作るというケースがあります。当然、2階、3階の家賃は入ります。

 

入居者は昼間は1階のデイサービスで過ごし、夜は階上の老人ホームで過ごすことになります。ホームには、万一に備え、ナースコールのボタンが付いていたりします

 

住居型老人ホーム

有料老人ホームは、現在、健康型有料老人ホーム・住居型有料老人ホーム・介護付き有料老人ホームの3タイプあります。健康型有料老人ホームでは入居者が介護状態になったら契約を解除されますが、一方、住居型有料老人ホームでは介護が必要になったら、外部の訪問介護サービスを利用しながら、そこで生活を継続できます。

 

老人が入居するので、大半は長期です。そして、いずれ要介護になると、プロの訪問介護センターと提携して、入居者に介護を受けてもらえます。そうなると、もっと長期になります。

 

自分で訪問介護センターを開設すれば、ホームの家賃収入、食事の提供、介護費の収入が上がることになります。なお、訪問介護センターを開設するには、ヘルパーを2〜3人雇用することなど義務付けられていますが、法人登記することで簡単に設立できます。

 

入居者は介護保険からの支払いになるので介護サービスの何割かを支払うだけです。

 

介護付き有料老人ホームはヘルパーがホームに常駐していなければいけないなどがありますので、医療法人などが運営しています。

 

自宅を買い換えるため、1時的に仮住まいのところを探していたとき、近くに借家があったので見に行きました。
1軒の土地は広く平屋で、畳2部屋です。
ところが、お風呂は入ったらカラダが汚くなると思うほど古く、おまけにトイレは汲み取り式でした。

 

そこの家賃が「52500円」というのです。「これで5万円以上するの!」と言ったら、不動産屋は「これは生活保護を受けている人が入るところだよねぇ」と言いました。そうなのです。古くても、生活保護を受けている人は住宅補助の金額が決まっていて、それ以下でも入居者には関係ないのです。それに確実にお金が入ってきます。古い建物でも生活保護者対応のアパートにすれば儲かるものだと思った出来事でした。


スポンサードリンク

 

高齢者用アパートは既に狙い目!老人に優しいアパート造り関連ページ

ペット用アパートを経営
少子化になってからペットを飼う人は増えました。ペット可アパートも徐々に増えています。しかし、ただ古いアパートをペット可としても、うまくいかないケースもあります。また新築で建てる場合は近隣の人口分布など調べてからのほうがいいでしょう。
セキュリティ付きアパート
マンションならセキュリティ付きというのがありますが、アパートではあまり見かけません。しかし、治安の悪化に伴って、対策が求めらるようになって注目されるようになってきました。
オール電化アパート
電気の問題は今や本当に考えなければいけない問題です。節電・節電と言われ、それでも計画停電におびえて暮らす日々です。ソーラーパネル付きのアパートがあったら、どれほどいいかと思います

土地活用と賃貸経営

不動産投資を始めるには

スポンサードリンク